| MAIN TOPへ→ 夢見る林TOPに戻る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10話見ましたにょーーー!!
も、も、もーーーう~~!!!
まじでーーーーやばいっす

一応10話の予告はクリックしたとこに入れて置きますが
ネタバレしたくない方は読まないで下さい


 ↓何も表示されない時は更新ボタンをクリック


まずこのドラマを全くご存じない方へ・・・・
簡単にあらすじを書き込みます。。。
ネタバレなんで気をつけてくださいねーーー

あのですねーーー
ありえないんです。。。。
ホンマにメッチャ泣けました。

まずスミレがいいとこで流れる

これだけでホンマに涙でるんすよ・・・嘘のように
ネットで何度も見てる映像なのに・・・TV字幕付で見るのとは全く違いました
(カワイ子ぶるつもりは全くないんです・・・ホンマに泣けました)

昨日はチソン君の顔を見てるだけで・・・
なんだか『テフテフ』が舞ってましたが(・・・蝶々)
10話は違いましたねん。。。。。



まずこのドラマの出演者であるぺ・ジョンオクペ・ドゥナ
そのままの名前でドラマに出てるんですよ
かなり年齢的に無理があるように感じますが2人は姉妹なんです;;

チソン君が出てるのは9話と10話なんですが・・・・(題名は外出)
チソン君はソクジンウジンの2役を演じています
ソクジンはジョンオクが若かりし頃に恋仲だった男性で
まだ幼かったドゥナもソクジンが初恋の相手なんです
それから年月も立ち…ジョンオクは結婚し子供もいます

少しややこしいのはジョンオクの若い頃(ソクジンと付き合ってる時)の映像は
若かりしジョンオクという事でドゥナが演じてます
更にソクジンとジョンオクが付き合ってた(過去)の時の映像のドゥナ役は
(現在)のジョンオクの娘役の子がやってるんす(ややこしい)
・・・んなもんで、字幕がないとなかなか難しい話ではあります。。。
(アタシも訳し間違いをたくさん見つけましたし;;;)

cap0028xxkokoro.jpg

だからこれは過去のソクジンとドゥナ(真ん中)とジョンオク(右)

cap0037xxkokoro.jpg
cap0040xxkokoro.jpg

これは現在のジョンオクとウジン

cap0048xxkokoro.jpg

これは過去のジョンオクとソクジン(ややこしいでしょ??)


・・・・んーーー説明するのは難しいなーーー!!(わかりますかね??

とにかく現在のジョンオクドゥナの前に現れたウジンはソクジンの生霊…

・・・・つまり。。。ソクジンは自分が死ぬ前に・…
過去に1番愛したジョンオクの元へお礼の言葉(?)を・・・
伝えに行ったというようなストーリーです
ジョンオクドゥナとボミ(ジョンオクの子供)とーーーーー
私にしか(視聴者にしか)ウジンは存在してないってな感じです

cap0041xxkokoro.jpg
cap0045xxkokoro.jpg
cap0047xxkokoro.jpg

登場する全てのチソン君が・・・・・
ずーっと眺めていたくなる・・そんな表情です


下記はスミレの歌詞の訳と原文です・・・
そのまま字幕についていたものは引用してますが
字幕がついていない部分の訳は責任もてまへんので。。

初めて君に会った時
君は小さな少女で
頭にはスミレの花・・・
笑いながら 君は言ったね
「遠くかなたへ鳥のように飛びたい」

再開した時 君は
とても やせていて・・・
おでこには汗のしずく
笑いながら 君は言ったね
「すごく小さな事にも涙が出るの」

君に最後に会った時
君は優しい瞳で・・・
遠くを見ていた
君は微笑んで 僕に言ったね
「ずっと一晩中起きていたい」



sumire.png


とり合えずーー・・・・!!!!アタシが視聴して思ったことを正直に述べます!!
(これはネット視聴時から思ってたことです。。怒らないで読んでくらさい)

9話はチソン君にガッツリと色んなものを持っていかれましたがーーー
10話はーーー物語にズッカーーーンと吸い込まれてましたよーーー??

・・・・なんせストーリーもいいです!
例えるならば・・・映画にしたいぐらいなんです!
(余計にわかりにくい)

現実味からは、かけ離れてますしーーー
全く・・・ありえないことなんですが・・・・
(あって欲しいという願望はある)

『心震わせて』(震える胸)・・・・・???
んーーアタシは心よりもなぜか頭がジンジンします

脳みそがジンジンするんですーーーーー!!!

チソン君の入隊直前に撮影した(撮影時は入隊時期は決定していませんでしたが)
このドラマがチソン君の印象に残ったというエピソードと・・・・・
更に、この脚本をチソン君が選んだって言う事にも感動します
(ほんとーーーーに、マジでやばいっすねんけど。。。。)
ラスダンもすんごく好きですがーーーー
みなさんもこのドラマ見たらそーなると思います。。。。

だ、だれかーーーー!!!
アタシを止めてくださいーーーーー(笑!!!
一度浸かると溺れるんですってばーーー

・・・なんか他のドラマ見て中和しなきゃだわーーーー!!!


MBC心震わせて
韓国公式ページ

コメント
この記事へのコメント
キャサリンさん こんばんはー♪
なんだか 昔書いた記事を読むのは(よく読んでますが;;)
結構自分でも 反省点とかいろいろあって面白いです。

>見ました~ 「心震わせて」
おお~~~~!!

>1~12話 すべて見ました。
おおおおお~~~~~!!
キャサリンさんも全部ご視聴されたんですねぇー!

>ジョンオクさんを取り巻く家族の物語。全部良かったですが、
>中でも9~10話は涙がすこぶる出ました。
>そして、全部見終わってから再度9-10話を見たら涙が止まりませんでした

このドラマをKNで放送時にも このドラマの全体の評判はすこぶるよかったんです
アタシは9と10だけしか観てないんですが。。。。
それでも充分に堪能しましたが
全編観るともっともっと感動できたんですね(惜しいことをしました)

>11-12話で ジョンオクさんの実母との確執が描かれていました。
>父のドメスティックバイオレンスと借金。
>とにかく働いて借金を返し終わったところで 家を出て行った母。
>母の元から叔母に預けられていた姉妹でしたが、
>すぐに叔母が亡くなり‥痴呆になった父の看病と妹のために 生きた人生。
>そのために ソクジンさんとの待ち合わせには いけなかったんですね。(涙)

ああ~~~~なるほど。
そういった関連があるんですかー!
チソン君以外のドラマ内容はちょくちょくチェックはしてたんですが
あまり気にも止めていなかったもんで(すいません)
なるほどです!!ありがとうございます!!

>10話の最後で ドゥナが「お姉さん、大好き」 の意味が深まりました。
なるほど なるほど
これまた ありがとうございます!!
単純にあのシーンでも号泣しましたが なるほど。
わーーーありがとうございます

>ジョンオクは学校の成績は一番。負けず嫌い。
>お給料の良い 幼稚園の仕事を選び、
>がむしゃらにお金のために働き続けた。
>そして それなりではあるけど 恋愛して 今のご主人と結婚

そんな描写もあったんですね。
やっぱりこりゃ全編観るべきですねぇ

>マフラーをもらうウジンの目は きらきらで、輝いた横顔でした。
>どうしてこんなにきらきらなの?と思うほどでした。
>突然、倒れこんでジョンオクの膝に甘えるウジン。
>右耳中央にほくろ 発見!!(わぁ~)

ほんとに・・
キラキラしとります。(確認中)
ほくろも確認しました(爆)

>「ウソは言わない。」とウジンが言うところは いいですね~
>チソン君はウソは本当に言わないって感じがします。(ダブりました)

チソン君てほんとうに誠実です
そしてなにより知性があるように感じます
けどちょっと抜けてるところも可愛いです
もう少し悪くてもいいのでは??
なんて要らない心配までしてしまうワテ
(いらないところで気をもみまくり)

けどそこもいいんですよね~~しみじみ


>ドゥナに自転車を教えてとせがまれて「大人になってからね」とウジン。
>その言い方も 何ともいえないくらいいいです。

本当にこのドラマのチソン君観るたびになんでこんなに泣けるのかしら。
このドラマのチソン君は逐一 いろいろ引っかかります(いい意味で)
キャサリンさんにも気に入っていただけたようでよかったです

>「俺が愛した24歳のジョンオクではなく、母となり、妻となり、
>今どんな人なのかわかっていないようだから教えたかった。
>美しいよ、まぶしいよ、俺が愛したあの頃の少女より、ずっと。
>また、来るよ。そのうち。
>お前が自分自身を見失った時、
>お前がどんなに美しい人かを忘れた時、俺を呼べよ。また来るから。
>幸せだった。人生にお前がいて。」 

(T△T) アウアウ~
書き出してくださってありがとうございます~
いい台詞です。clairさんもおっしゃってましたが
これは本当にいい台詞ですよねーーー
韓ドラを未視聴の方には こういう台詞はどうなんだろう??
・・・ふと 気になりました
しかし 言われてみたいもんです。こんな台詞。(^m^)ゞ ポリポリ

>ラスダンを見て、若かりし頃の湘南海岸をふと 思い出してしまった私です。
>今回も 何ともいえず 思い出がぐるぐる廻って セピア色の私が蘇ってきました。
>自分を忘れそうになったらチソン君のこのシーンを思い出し元気になろうと思います。

あああ
キャサリンさんやclairさんのおかげで
このドラマをはじめて見た時の気持ちが甦りました
貴重な感想ありがとうございます。
本当に じっくり読ませていただきました
感動をわけてくださってありがとうございましたv-207




2006/06/25(日) 21:06 | URL | なっちん@管理人 #eP1cGWnA[ 編集]
なっちんさん、こんにちは。

見ました~ 「心震わせて」
1~12話 すべて見ました。ジョンオクさんを取り巻く家族の物語。全部良かったですが、中でも9~10話は涙がすこぶる出ました。そして、全部見終わってから 再度 9-10話を見たら 涙が止まりませんでした。

11-12話で ジョンオクさんの実母との確執が描かれていました。父のドメスティックバイオレンスと借金。とにかく働いて借金を返し終わったところで 家を出て行った母。
母の元から叔母に預けられていた姉妹でしたが、すぐに叔母が亡くなり‥痴呆になった父の看病と 妹のために 生きた人生。そのために ソクジンさんとの待ち合わせには いけなかったんですね。(涙)
10話の最後で ドゥナが「お姉さん、大好き」 の意味が深まりました。
ジョンオクは学校の成績は一番。負けず嫌い。お給料の良い 幼稚園の仕事を選び、がむしゃらにお金のために働き続けた。そして それなりではあるけど 恋愛して 今のご主人と結婚し‥
1-12話のいろんな事件。 ご主人も 会社の営業成績不振で地方転勤が命じられ‥ でも、お互いこの手を取り合って 今の幸せをかみしめようと誓い合っていました。(これもなかなか ジーンときました)

話は戻ります。
マフラーをもらうウジンの目は きらきらで、輝いた横顔でした。
どうしてこんなにきらきらなの?と思うほどでした。
突然、倒れこんでジョンオクの膝に甘えるウジン。右耳中央にほくろ 発見!!(わぁ~)

旅行から帰り、送ったところで 「きれいだよ」というウジンに「おばさんをからかわないで」とジョンオク。
「ウソは言わない。」とウジンが言うところは いいですね~
チソン君はウソは本当に言わないって感じがします。(ダブりました)

ドゥナに自転車を教えてとせがまれて「大人になってからね」とウジン。その言い方も 何ともいえないくらいいいです。

そして、何と言っても
自分がどんな人かを‥
「俺が愛した24歳のジョンオクではなく、母となり、妻となり、今どんな人なのかわかっていないようだから教えたかった。
美しいよ、まぶしいよ、俺が愛したあの頃の少女より、ずっと。
また、来るよ。そのうち。
お前が自分自身を見失った時、
お前がどんなに美しい人かを忘れた時、俺を呼べよ。また来るから。
幸せだった。人生にお前がいて。」 

このソクジンの場面。
何度見ても涙が出ますね。(T_T) そう言われて嬉しい限りですね。

ラスダンを見て、若かりし頃の湘南海岸をふと 思い出してしまった私です。
今回も 何ともいえず 思い出がぐるぐる廻って セピア色の私が蘇ってきました。自分を忘れそうになったら チソン君のこのシーンを思い出して 元気になろうと思います。

ジョンオクさんと自分を ダブらせています。
本当に本当に 温かくって 素敵なストーリーでした。

長くなってすみません。m(__)m

2006/06/25(日) 15:18 | URL | キャサリン #-[ 編集]
おへんじー
いくよさん
どーーーなんでしょうね
アタシはスミレを歌ってジョンオクが「ソクジナ」と呼ぶあたり・・
あそこまでは病床のソクジンの想いからによって生み出された
ウジンという人物で・・・
「ソクジナ」と呼んでソクジンに変わってからは魂なんじゃないでしょうか・・・
あのシーンからウジンは出てこないですからねーー

れんさん
ラストのジョンオクとドゥナが自転車乗ってるシーンで流れるスミレ・・・・
あれに今日はやられました;;;
ジョンオク氏は他のドラマでも何度か拝見してますが
このドラマは一段とほんわかムードがでてますしーー
鏡の前のシーンはかわいらしすぎでしたし
本当にやんわりとしたいいドラマですよね
2005/11/21(月) 04:39 | URL | なっちん #-[ 編集]
no subject
なっちんさん、こんばんは。感想読んで頷くばかりです~。
私もこのチソン君に、そしてこのストーリーにどっぷりハマって
溺れちゃってるので、なっちんさんを止められません(笑)
大の映画好きでよく映画館に行くんですが、2話連続で見て、
ドラマと言うよりもホント1本の映画を見たような感動でした。
ファンタジーな内容も映画っぽいですよね^^ もしこれを
大きなスクリーンで見たらもっとヤバイ状態になるかも。。。
2005/11/21(月) 01:20 | URL | れん #-[ 編集]
教えて・・・・
アホか!と思わず聞いて下さいまし。
ソクジンはどの時点で死んじゃったんでしょう?
 なっちんサン、スミレの歌詞ありがとうございます。
一度浸かると溺れるっていう感じすごくすごくわかります。
寝ても覚めてもスミレの曲が頭の中をグルグル・・・・・
私も同じ状態で溺れてます。
2005/11/20(日) 16:21 | URL | いくよ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。